今夏の独バイロイト音楽祭中止 「指環」新制作は2022年以降に 新型コロナ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
バイロイト祝祭劇場
バイロイト祝祭劇場

 ワーグナー作品上演の総本山として毎年夏、世界中から多くの観客・聴衆が集まるバイロイト音楽祭(ドイツ・バイエルン州)は3月31日(日本時間4月1日)、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、今年の開催を中止することを正式決定した。

 この日、音楽祭運営当局とバイロイト友の会などの支援組織、連邦政府、バイエルン州による評議会が緊急会議を行い決定した。

 来年以降の詳細については追って発表されるが、関係者によると今年プレミエ上演されるはずだった「ニーベルングの指環」全4作の新制作は2022年以降に延期される。また、来年、感染拡大が収束し、開催が可能となった場合でも昨年までの再演演目のみでの上演になるという。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文535文字)

あわせて読みたい