メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ヤングケアラー~幼き介護

母と当てもなく歩き回った夜 統合失調症という病名も知らぬまま 私はどうしたら…

かつて母親に深夜連れ回された大阪・梅田の繁華街を見つめる北川幸(仮名)。「どこに行くんやろ、いつ帰るんやろ、早く帰りたいなって、我慢していました」=大阪市北区で2020年3月6日、平川義之撮影

 ヤングケアラーの「ケア」は物理的な介護や世話だけを指すわけではありません。大阪府の北川幸(さち)さん(仮名)は、統合失調症を患った母親を小中学生時代から見守りました。偏見にさらされやすいこの病気の知識も当時はなく、母との意思疎通や生活に悩む日々でした。「今思うと、母なりに親の務めを果たそうとしていたのかな」と振り返ります。(本文は敬称略)【ヤングケアラー取材班】

 「どこいくん」。大阪・梅田。西日本最大の繁華街で2011年1月の深夜、母子はあてもなく歩き回った。統合失調症を患う母ミユキ(仮名)に連れられた中学1年の北川幸(同)は目的地を知らない。

この記事は有料記事です。

残り1640文字(全文1916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです