メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ、若者に重症化リスク 海外で相次ぐ死者 専門家「日本でも死亡の可能性」

年代別感染者数

 新型コロナウイルス感染症を巡り、若者が重症化したり死亡したりするケースが海外で相次いで報告されている。国内でも若者の感染者が増えつつあり、専門家は「日本でも若者が死亡する可能性がある」と警鐘を鳴らしている。

 英BBC放送などによると、英国では3月21日に、21歳のクローイー・ミドルトンさんが新型コロナ感染症で死亡した。

「このウイルスがどれほどのものか、目の前で繰り広げられている」「たかがウイルスと考えている全ての人は、お願いだから考え直してほしい」。ミドルトンさんの家族はフェイスブックに悲痛な訴えをこうつづった。英国では30日にも13歳の少年が死亡。入院してわずか4日後のことだった。基礎疾患はなく、英国で最も若い新型コロナによる死者とみられるという。

 若者の死は、英国だけではない。AFP通信によると、フランスでは26日、16歳の少女が亡くなった。軽いせきが出始めてから1週間あまりだった。少女の家族はAFP通信の取材に「新型コロナは、若い人には影響しないと聞いていた。私たちもそれを信じていた」と語ったという。米国イリノイ州では感染が確認された生後1年未満の乳児が死亡し、州保健当局が死因…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文1119文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北九州市長の「第2波の渦中」発言に菅氏「感染経路追えている」 官房長官会見詳報

  2. 「くまモンマスク」ほしいモン 知事会見で熱視線 製造企業続々、柄も豊富

  3. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  4. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  5. 黒川氏辞職受け、森法相が訓示 「人ごとと捉えず、立場の自覚を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです