メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京産大、学生同士の懇親会でクラスター発生か 大学側呼びかけ届かず 新型コロナ

学生らを中心に新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した京都産業大=京都市北区で2020年4月1日午後4時28分、福富智撮影

 京都産業大の学生らを中心に広がっている新型コロナウイルス感染は1日も新たな確認が続き、同日午後7時までに学生・卒業生27人と、濃厚接触した関係者ら14人の計41人に上った。3月上~中旬に欧州5カ国を一緒に旅行して14日に帰国した4人のうち3人の感染が26~29日の検査で判明したが、その前に参加していた学生同士の懇親会でクラスター(感染者集団)が発生したとみられる。大学は1月末から学生らに注意を呼びかけていたが、卒業シーズンの学生の行動範囲は広く、感染拡大を防ぐことはできなかった。

 京都府や京都市などによると、4人は卒業旅行で3月2~13日、英国、アイスランド、スイス、フランス、スペインを訪れた。欧州ではイタリア北部で2月末から感染が拡大し、外務省が滞在や渡航に十分な注意を促す感染症危険情報のレベル1を同27日夜に発出したが、各国で感染者が急増したのは3月に入ってから。4人の出発時点では旅行先の5カ国にはレベル1も出ておらず、警戒感は低かった。門川大作市長も「外務省の連絡に…

この記事は有料記事です。

残り1868文字(全文2311文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  2. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  3. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  4. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです