メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

永寿総合病院の感染者4割が医療従事者 ルート解明へ国など調査

相次いで入院患者やスタッフの新型コロナウイルス感染が確認された永寿総合病院=東京都台東区で2020年3月29日午後1時35分、南茂芽育撮影

 100人を超える感染者が出て、3月24日から外来診療を中止している永寿総合病院(東京都台東区)で、感染者の約4割は医療従事者であることが、台東保健所(同)への取材で判明した。院内で大規模に感染が拡大した状況が濃厚で、ルート解明などのため、国と都が調査を進めている。

 3月末までに台東保健所が結果を確認した検査件数は786件で、把握できている感染者の内訳は患者61人と医療従事者44人。医療従事者に重症者はいないという。

 全入院患者約300人や非常勤も含めたスタッフ約750~800人を対象にした検査は、3月末までに8割程度が終わった。近く全ての検査結果が出るとみられる。

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです