東海国立大学機構スタート 名古屋大と岐阜大の法人統合

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「東海国立大学機構」本部の看板除幕式に参列する機構長の松尾清一・名大学長(左から4人目)と、副機構長の森脇久隆・岐阜大学長(右から3人目)ら=名古屋市千種区の名古屋大で2020年4月1日午後2時39分、細川貴代撮影
「東海国立大学機構」本部の看板除幕式に参列する機構長の松尾清一・名大学長(左から4人目)と、副機構長の森脇久隆・岐阜大学長(右から3人目)ら=名古屋市千種区の名古屋大で2020年4月1日午後2時39分、細川貴代撮影

 名古屋大と岐阜大は1日、大学を運営する法人を統合し、新法人「東海国立大学機構」を設立した。

 一つの法人が複数の国立大を運営する日本初の試みで、この日施行した改正国立大学法人法で可能になった。名大と岐阜大が傘下に入り、経営効率化や教育・研究力の強化を目指す。機構長に松尾清一・名大学長、副機構長と大学…

この記事は有料記事です。

残り209文字(全文359文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集