メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「誰にもやさしいまちに」「生きづらさ感じないよう」明石市LGBT担当職員が抱負

着任初日、さっそく職場で上司と施策などについて話し合う(中央左から)高橋朗さんと増原裕子さん=兵庫県明石市役所で2020年4月1日午後3時55分、浜本年弘撮影

 兵庫県明石市が全国公募していたLGBTなど性的少数者の施策を担当する専門職員に決まった高橋朗(あき)さん(59)と、増原裕子(ひろこ)さん(42)が1日、市役所で記者会見した。「誰にもやさしいまちづくりに取り組みたい」と抱負を述べた。2人とも当事者として、性的少数者らの支援や理解を広める活動に取り組んできた。

 国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」の名称を取り入れた「市政策局SDGs推進室」に配属され、任期付き(5年以内)正職員として、LGBTQ+/SOGIE(ソジー)の施策を担当する。2020年度中にも同性カップルなどを結婚相当の関係と公的に認めるパートナーシップ制度の導入に取り組む。学校の制服の見直しも検討する。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火殺人事件 逮捕された青葉容疑者「ガソリンなら多く殺害できる」

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 特集ワイド 次なる脅威は「病院閉鎖」 コロナで一般患者減、経営悪化 日本医師会・横倉義武会長

  5. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです