特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 外出規制でDV被害悪化の恐れ フランスでは通報3割増

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出規制でDVが増えることが懸念されている(写真はイメージです)=Getty Images
新型コロナウイルス感染拡大に伴う外出規制でDVが増えることが懸念されている(写真はイメージです)=Getty Images

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた外出自粛や家庭の経済的困窮に伴い、ドメスティックバイオレンス(DV)などの増加が懸念されている。DV被害者の民間シェルターなどで作る全国ネットワークには、「夫が在宅勤務になりストレスがたまって暴力を振るうようになった」「夫と子供が家にいて電話できないらしく、被害者との連絡が途絶えている」といった事例が寄せられている。外国でも状況は同じで、フランスでは外出規制が始まって最初の1週間でDVの通報が3割増え、対策が急務となっている。日本国内の配偶者からの暴力に関する電話相談は全国共通の「DV相談ナビ」(0570・0・55210)へ。【塩田彩、和田浩明/統合デジタル取材センター】

夫や父が家にいるようになった

 「これまで長時間労働ですれ違っていた夫がテレワークで自宅にいるようになり、妻に家事一切を押し付け、ことごとく文句を言うようになり、モラハラが起こってきた」「DVで母子で家を出ようと準備していたが、自営業の夫は仕事がなくずっと在宅し、監視したりするようになったので、避難が難しくなり絶望している」

 DV被害者支援に携わるNPO法人「全国女性シェルターネット」によると、全国の自治体の女性相談窓口などには、新型コロナウイルスの感染拡大の影響とみられるそうした相談が寄せられ始めているという。

 さらに、子どもの被害事例も寄せられている。「妻が子を残して避難したが、学校が休みになり子どもたちが父と一緒に過ごすようになって、父に大声で怒鳴られたり、泣いた幼児が夜、戸外に閉め出されたりした」「休校に加え学童保育や子ども食堂も休みになり、子どもが家にいることで、夫から妻、夫から子どもへ暴力が増え、妻も子どもに暴力を振るってしまう」

電話相談もしにくくなった

 女性シェルターネットの北仲千里共同代表は「通常の社会秩序が崩れ、パニックが起こったりストレスが増えたりすると加害行為も増える。普段の生活を支えている個人的な情報網や人脈も切れてしまい、女性だけでなく外国籍の人やセクシュアルマイノリティーなど社会的に弱い立場の人々が孤立しやすくなる」と訴える。

 DV被害相談は主に各自治体の窓口で受け付けているが、女性シェルターネットによると、施設の閉鎖で面接相談を中止する自治体も多いという。また「面談したいが、感染しそうで電車に乗るのも怖い。SNSで相談ができるようにしてほしい」という当事者からの声もある。加害者が家にいることが増えたため、電話での相談の機会が奪われることも懸念されている。実際に「被害者からの連絡が途絶えた」という事例も寄せられているという。

一時給付金がDV被害者に届かない可能性

 また、政府による所得減少・低所得者向けの一時金給付は世帯単位とされ、住民票を移さないまま配偶者から逃げている被害者や子どもに経済援助が届かない可能性もある。

 こうした状況を踏まえ、女性シェルターネットは3月30日、安倍晋三首相や橋本聖子・男女共同参画担当相、加藤勝信・厚生労働相宛てに相談窓口の確保などを求める要望書を提出した。要望書では、今後DV被害相談が増加することを想定し▽緊急の場合も相談窓口を閉じないこと▽電話相談回線やシェルター、子どもの保護施設などの増設▽被害者が民間シェルターなどに逃げ込んだ時点で一時保護を開始できるよう制度運営を見直すこと▽一時保護期間の柔軟な延長▽一時給付金をDV被害者へも個別に支給すること――などを求めた。

「被害が増えることを想定し早めの対策を」

 要望書にはまた、今後の懸念として▽暴力を受けても感染への不安か…

この記事は有料記事です。

残り1318文字(全文2810文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集