メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホッカイドウ競馬、15日に開幕 事業室「慎重に状況見極める」

デビューを目指す2歳馬による能力検査=門別競馬場で(ホッカイドウ競馬提供)

 北海道日高町の門別競馬場で開かれる道営ホッカイドウ競馬は15日に開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、JRA(日本中央競馬会)や他の地方競馬でも無観客レースが続いており、道競馬事業室は「開幕に向け慎重に状況を見極めたい」としている。

 2020年度の開催は19年より2日多く、11月5日までの計82日間で、重賞競走は28レース。白老町に国のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称・ウポポイ)」の4月オープンにちなみ、「ウポポイオータムスプリント」(9月22日・1200メートル)を新設。ダート競馬の祭…

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文643文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです