メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

「汚れた桜 『桜を見る会』疑惑に迫った49日」書籍1冊丸ごと無料公開(2020/4/2)

 株式会社毎日新聞社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)は、毎日新聞出版発行の書籍『汚れた桜 「桜を見る会」疑惑に迫った49日』を2020年4月1日から「デジタル毎日」( https://mainichi.jp/ )にて期間限定で順次無料公開しています。

4月1日(水)から7日(火)まではどなたでも無料で、デジタル毎日有料会員の方は4月21日(火)までお読みいただけます。

公開期間:2020年4月1日(水)~2020年4月21日(火)

公開URL

https://mainichi.jp/yogoretasakura/

※「有料会員」はスタンダードプラン会員、プレミアムプラン会員、宅配購読者無料会員、宅配購読者プレミアム会員です。

※デジタル毎日は春得キャンペーン中です。デジタル紙面が使える「プレミアムプラン」を最初の2カ月の間、月額100円(税別)でご利用いただけます。

■書籍「汚れた桜 『桜を見る会』疑惑に迫った49日」

 「汚れた桜『桜を見る会』疑惑に迫った49日」は、毎日新聞統合デジタル取材センターの記者による「桜を見る会取材班」が執筆しました。参院予算委員会での田村智子議員(共産党)による質疑がSNSで大きな反響を呼んだことをきっかけに取材を始めた記者たちが、どんな問題意識を持ち、どのように取材を行ってきたかを詳細につづっています。今国会でも疑惑の追及が進み、日々新たな事実が明らかになっている今、「桜を見る会」に関するこれまでの流れや問題点を総括できる内容となっています。

【書誌情報】

「汚れた桜 『桜を見る会』疑惑に迫った49日」

著者:毎日新聞「桜を見る会」取材班

232ページ・新書サイズ

定価:本体1200円(税別)

発行日:2020年2月1日

発行:毎日新聞出版

ISBN:978-4-620-32619-1

■毎日新聞「桜を見る会」取材班

 毎日新聞東京本社編集編成局統合デジタル取材センターの江畑佳明、大場伸也、吉井理記の3記者によって2019 年11 月11 日に発足したチーム。11 月8日にあった参院予算委員会での田村智子議員(共産)による質疑が、SNS で大きな反響を呼んだことがきっかけ。取材や発信にネットを活用し、通常の政治報道とは少し違う観点から人々の疑問に機敏に応える報道を目指している。

■毎日新聞統合デジタル取材センター

 2017年4月に発足した「ウェブファースト」をモットーとする部署。政治部や経済部、社会部といった枠組みにとらわれず、取材するテーマはなんでもあり。

■お問合せ先:

 株式会社毎日新聞社 デジタルメディア局

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです