メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

ペットからの感染症、どう防ぐ 濃厚接触避け健康に飼う

多様化する「エキゾチックアニマル」と呼ばれるペット。(左上から時計回りに)ウサギ、セキセイインコ、クサガメ、ハムスター

 犬、猫以外のペットが人気だ。げっ歯類ではハムスターやリス、鳥類ではインコやオウム、爬虫(はちゅう)類ではトカゲやヤモリ、カメ、ヘビ、ほかにも両生類やウサギやフェレットなど多様で、総称して「エキゾチックアニマル」と呼ばれる。生き物と触れ合うことは楽しく、なついてくればなおかわいいが、一方で、ペットとの接触は人の健康に関わる感染症の危険も高める。専門家らが市民公開シンポジウムを開き、正しく健康に飼育すること、濃厚な接触を避けることなどを訴えた。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. 死者増さらに加速か 4000人から5000人まで14日間 高齢者で死亡率高く

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです