連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

この国はどこへ これだけは言いたい 元京大原子炉実験所助教・小出裕章さん・70歳

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
小出裕章さん=長野県松本市で2020年3月11日、沢田石洋史撮影
小出裕章さん=長野県松本市で2020年3月11日、沢田石洋史撮影

原子力緊急事態、今も続く

 京都大原子炉実験所(大阪府熊取町)で原子力を廃絶するための研究を重ねてきた「熊取6人組」の一人、小出裕章さん(70)は5年前、定年を機に「仙人になりたい」と長野県松本市に移り住んだ。東京電力福島第1原発事故以降、政府や東電の発表を鋭く喝破する解説をラジオなどで発信し、一躍、時の人となった。あれから9年。いま、何を思うのか――。

 郊外の小さな家で妻と暮らす。朝5時に起きて畑仕事をしたり、裏山に登ったり。畑では年間を通じ約30種類の野菜を完全無農薬・有機栽培で育てている。畑にまく水は風呂の水を地下水槽に落としたものを再利用している。電気は太陽光発電、暖房はまきストーブだ。

この記事は有料記事です。

残り2532文字(全文2832文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集