メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

タイ作家の哲学的紀行文 自然に憧れる自分思索

テレビ電話で取材に応じるプラープダー・ユンさん=2020年3月19日(ゲンロン提供)

 タイのポストモダン文学を代表する作家、プラープダー・ユンさんの『新しい目の旅立ち』(福冨渉訳、ゲンロン)は、旅と思索の軌跡を記録した哲学的な紀行文だ。大都会バンコクの喧噪(けんそう)を逃れ、フィリピン中南部に位置するシキホール島に滞在。自然や神、人間の存在について突き詰めている。

 「旅の最初の目的は、自然についての作品を作っているアーティストを研究することでした。ですが、実際の旅は想像とは違っていて、研究の目的や滞在の方向性がかなり変わってしまった。自分自身の思考を理解するための書物になりました」

 作家は、“黒魔術の島”として知られるシキホール島を訪れ、島の人々、魔女や祈とう師と出会う。同時に思想家のスピノザ、ソロー、カジンスキー、ラブロックらの哲学に思いを巡らせる。自然と人間はどうあるべきか。旅のリアリズムと思索が自在に行き来する叙述のスタイルで、自身の思考の枠組み、ものの見方の外側に踏み出そうとしていく。

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. レバノン首都で巨大爆発 「負傷者多数」ロイター報道

  3. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  4. 記者が見た偽証工作 那覇の高級ホテル最上階 袋の中には1000万円の束二つ IR汚職

  5. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです