虐待受けた子も安心だよ 江戸川区立児相が始動 一時保護所併設 /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一時保護された子どもたちが夕食後に過ごすリビング(手前)を囲むように、個室が配置されている=江戸川区で
一時保護された子どもたちが夕食後に過ごすリビング(手前)を囲むように、個室が配置されている=江戸川区で

 江戸川区立児童相談所(愛称・はあとポート、中央3)が完成し、1日から業務を始めた。虐待を受けた子供を緊急避難させる一時保護所を併設し、子供が安心して過ごせるような工夫を随所に取り入れた。

 江戸川を管轄する児童相談所はこれまで都が設置していた。2016年の法改正で特別区も児相を設置できることになり、自前の施設を設けた。建物は地上4階建て、延べ床面積約4500平方メートルで総工費約23億円。一時保護所は定員35人で、1階は学習室や食堂、2階を生活空間とした。居間を囲むように…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

あわせて読みたい

ニュース特集