連載

中村文則の書斎のつぶやき

芥川賞作家・中村文則さんが、いろいろな場所の「書斎」から、さまざまなことをつぶやきます。

連載一覧

中村文則の書斎のつぶやき

「自粛」と「忖度」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
=宮間俊樹撮影
=宮間俊樹撮影

「できるだけ早期に」「かつてない強大な政策パッケージを練り上げ」「きめ細かな支援」「かつてない規模の」「今、考えているところでございます」

 有事の時、具体性のない修飾語を膨大に聞くと、人は余計不安になる。羅列した言葉は、安倍首相の新型コロナウイルスに関する記者会見でのものだ。

 検査数が極端に少ないことはもう、ずっと言われ続けていて、日本は他の先進国と逆行し続けている。あらゆることをこれまで隠蔽(いんぺい)・改竄(かいざん)してきた政権であるから、東京オリンピックなどのため検査数を絞ってるのではという声は多いし、僕もそうだったろうと思っている。戦後最大の恐ろしい愚策の一つを、とうとうやってしまったのではないかと思っている。そして今、オリンピックが延期となったから方針は変えられるが、でもグズグズしている、というのが現状ではないだろうか。先進国で、こんなことをしているのはもう日本だけだ。

 間違いは、認めればいい。森友も加計も桜問題も、とにかく非を認めなかったが、今回の対応があり得ないことだけは(もう内々でいいから)認め、改善してほしい。悲しいことに今さらかもしれないが、検査できる場所を病院外に増やし、検査数を欧米並みに増やし、少しでもサンプルを増やし、どこで集団感染が発生したのか、できる限りの追跡調査をし、封じ込めを少しでもしてほしい。さすがにこれではサンプルが少な過ぎ、実体がわからないので戦えるはずがない。収束したかどうかも、このままではわからない。ズルズルいかざるを得ない。政権の隠蔽体質がとうとう国民の命の領域にまで広がってきた、としか僕には思えない。

 新型コロナによる肺炎の死者が別の肺炎による死者として処理されているのでは、という疑惑に、首相は肺に間質性肺炎の症状がある場合コロナを疑う、として、「これは必ず大体、PCR(検査)をやっておられます」と返答した。必ずなのか大体な…

この記事は有料記事です。

残り777文字(全文1577文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集