代替交通の運行開始 地域、住民主体で 上宮津地区 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
上宮津地区でスタートした公共交通空白地有償運送=松野和生撮影
上宮津地区でスタートした公共交通空白地有償運送=松野和生撮影

 地域住民の新しい交通手段となる制度「公共交通空白地有償運送」が1日、宮津市上宮津地区でスタートした。同地区公民館で運行開始セレモニーがあり、関係者ら約20人が祝った。

 同制度は公共交通手段が十分ではない地域を対象に、地域住民が主体となって提供する運行サービス。上宮津地区では、中心市街地まで通じる民間バス路線が運転者不足のため2020年3月末で廃止。これを受けて上宮津連合自治会を母体と…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

あわせて読みたい

注目の特集