メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市教委1792人異動 組織風土改革、地区統括官を配置 /兵庫

 神戸市教委は1日、教職員と市教委事務局の計1792人(前年度比66人増)の人事異動を発表した。市立東須磨小の教員間いじめ問題を受けた組織風土改革のため、学校現場を支援する地区統括官8人を小中学校の校長経験者から配置する。一般教員の採用者数は286人(同75人減)。大規模校の高羽小(灘区)と井吹台中(西区)は体制強化のため、市立小中学校で初めて教頭を2人とする。女性管理職(校長・教頭・園長)は95人(同3人増)で、管理職全体の14・6%となった。発令は1日付(退職者は3月31日付)。【反橋希美】

 事務局  地区統括官(担当部長・教職員人事担当)梶本泰宏▽地区統括官(総務部担当課長・資質向上総括担当)嶋田欣生▽地区統括官(学校教育部担当課長・人権・中学教育担当)濱田直勝▽地区統括官(総務部教職員課担当係長)田村誠▽担当部長・教職員人事担当(総務部担当課長・人事総括担当)松本州普▽地区統括官(霞ケ丘小校長)芝田悦司▽地区統括官(御影小校長)里昭憲▽地区統括官(井吹台中校長)坪倉秀成▽地区統括…

この記事は有料記事です。

残り3840文字(全文4290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デパート休業、知事選集会の中止…鹿児島のクラスター震源地「おだまLee男爵」はどんなところか

  2. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  3. 蒲島知事「『ダムなし治水』できず悔やまれる」 熊本豪雨・球磨川氾濫

  4. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  5. 「ここまでとは」想定外の雨量、河川改修でも浸水 行動計画も効果不明 熊本豪雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです