太陽光発電蓄電システム、集会所に設置 災害時、村民の電源確保 川上 /奈良

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
荷仕分け場の屋根に設置された太陽光発電パネル=奈良県川上村北和田の村ふれあいセンターで、萱原健一撮影
荷仕分け場の屋根に設置された太陽光発電パネル=奈良県川上村北和田の村ふれあいセンターで、萱原健一撮影

 災害時の避難所に指定されている川上村の集会施設「村ふれあいセンター」(同村北和田)に、太陽光発電による蓄電システムが設置され、稼働を始めた。台風や地震などで停電した際、施設の照明や携帯電話の充電などの電源を確保し、村民の安心につなげる。

 同センターの荷仕分け場の屋根に太陽光発電パネル20枚が設置され、発電規模は5キロワット。蓄電池…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

あわせて読みたい

ニュース特集