メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太陽光発電蓄電システム、集会所に設置 災害時、村民の電源確保 川上 /奈良

荷仕分け場の屋根に設置された太陽光発電パネル=奈良県川上村北和田の村ふれあいセンターで、萱原健一撮影

 災害時の避難所に指定されている川上村の集会施設「村ふれあいセンター」(同村北和田)に、太陽光発電による蓄電システムが設置され、稼働を始めた。台風や地震などで停電した際、施設の照明や携帯電話の充電などの電源を確保し、村民の安心につなげる。

 同センターの荷仕分け場の屋根に太陽光発電パネル20枚が設置され、発電規模は5キロワット。蓄電池…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  2. 乗用車がトレーラーに追突、男女3人死亡 苫小牧

  3. 医師と歯科医師24人を行政処分 厚労省発表

  4. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

  5. ドローン最前線 政府機関、中国製ドローン新規購入を排除 情報漏えい・乗っ取り防止を義務化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです