メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トップインタビュー

九州・山口 福岡国際空港 永竿哲哉社長 「コロナ」後にアジア戦略 /福岡

福岡国際空港の永竿哲哉社長

 福岡空港を運営する福岡国際空港(福岡市)の永竿哲哉社長が毎日新聞の取材に応じた。1日で完全民営化から1年。2019年度の連結決算が営業赤字の見通しになるなど「低空飛行」は必至だが、新型コロナウイルスの収束後に東南アジアや中国の路線拡大を着実に進め、業績回復に努める姿勢を示した。【聞き手・浅川大樹】

 ――19年夏以降の日韓関係悪化や新型コロナの感染拡大などで、国際線を中心に厳しい1年になりました。

 ◆当社に委ねられたコンセッション(公共施設の運営権)の期間は30年間だ。(韓国とは)過去にも空港運営上のリスクがあり、そういう意味で(関係悪化は)想定し得た事態だが、将来的には良好な関係に戻ると思っている。

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1107文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです