メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ずいぶん早く目が醒(さ)める。小鳥のさえずりやときどき道を行き交うバイクや車のエンジン音、どこかから大声で呼びかけたり笑ったりする声が聞こえてきて、さすがに南国の島の朝は早い、と、島にやって来たことの喜びが実感されて、ベッドのなかから窓のほうを見やるのだが、カーテンの裏側が……と書いたところでふと思った。

 カーテンは表から、すなわち外の通りから見えるほうが裏側なのだろうか。外からの光と同時に、他者の視線を遮るものであるカーテンが、部屋の外から鑑賞されるために存在するものだとは思えない。しかし室内にいて、カーテンを襞の重なりあう休眠状態から起こすときには、こちらは逆に眠りにつくために目を閉じるのだから、原理的にカーテンの模様やカラーを楽しむことはできない。

この記事は有料記事です。

残り1958文字(全文2290文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏サイド、自民の「習主席来日中止」決議案に猛反発 「待った」の可能性も

  2. 鹿児島、新たに30人の感染確認 28人がクラスター発生の飲食店客

  3. 首相官邸ネット発信「中の人」は電通マン 前任者も 政権のSNS戦略と深いかかわり

  4. ジャニーズJr.の福士申樹さんが新型コロナ感染

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです