メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ イラン経済制裁、米が見直し示唆

 ポンペオ米国務長官は3月31日、新型コロナウイルスの感染が全世界で急拡大していることを念頭に、イランへの経済制裁を見直す可能性を示唆した。米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、イランの感染者数は4万7000人を超えている。米国からの制裁の影響で外国産医薬品の流通不足も指摘されている。

 ポンペオ氏は国務省での記者会見で、国連などから言及されている制裁緩和の検討について…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 武田真治、インフルエンザ感染 ミュージカル『パレード』当面休演

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 「分断」につけこむロシアの情報戦 小泉悠氏が警告する日本の「甘さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです