メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野党「森友」追及限界 首相「コロナ対応優先」

 野党は1日、後半国会で初めて安倍晋三首相が国会出席した参院決算委員会で、森友学園を巡る公文書改ざん問題の追及を続けた。ただ、新型コロナウイルス対策が国民の関心事となる中、首相が「コロナ対応が優先」とかわす場面もあり、攻勢には限界も見えた。

 立憲民主党の野田国義氏は決算委で「安倍内閣の公文書管理はでたらめ、信用できない」と、森友問題から桜を見る会の招待者…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文446文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 「花火を見て元気になって」 新型コロナ終息願い、各地で“サプライズ”打ち上げ

  3. ブルーインパルス都心飛行「私が指示」 河野防衛相がブログで明かす

  4. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです