特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

記者の目

新型コロナと劇場文化 「とりあえず自粛」の怖さ=斉藤希史子(東京学芸部)

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
消毒用のアルコールに加え、換気のための送風機がロビーに設置されたNBS主催・東京バレエ団の公演=東京・上野の東京文化会館で3月22日、斉藤希史子撮影
消毒用のアルコールに加え、換気のための送風機がロビーに設置されたNBS主催・東京バレエ団の公演=東京・上野の東京文化会館で3月22日、斉藤希史子撮影

 世界を覆う新型コロナウイルス禍。国内でも感染拡大を阻止すべく、活動の自粛が続く。集客によって成立する興行界は未曽有の危機にさらされているが、安倍晋三首相は3月28日の記者会見で「税金での補償は難しい」と述べた。各業界が打撃をこうむる中だが、あえて劇場文化に絞り、この1カ月を振り返ってみたい。以下は、クラシック音楽・舞踊の担当記者としての見聞と所感である。

 2月26日。政府が大規模なスポーツ・文化イベントの自粛を要請。第一印象は「またか」であった。この時点での集団感染例は、国内では屋形船の宴会のみ。競技場でも劇場でもないのに、なぜイベントがやり玉に挙がるのか。国の文化予算の比率がフランスの8分の1とやゆされる我が国だけに、「いつもの芸術軽視」としか思えなかった。

この記事は有料記事です。

残り1551文字(全文1886文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集