連載

医療の本音

 日本の救急・外傷外科の第一人者で、ドラマ「コード・ブルー」の医療監修を務めた松本尚さんが、医療現場を巡る本音をさまざまな角度から語ります。毎日新聞紙面で掲載される記事を医療プレミアサイトに転載するとともに、当サイト独自の記事も掲載します。

連載一覧

医療の本音

「王冠」が問う優先順位=松本尚(日本医科大学救急医学教授)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 パリのルーブル美術館に「ナポレオン1世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」という有名な絵画があります。中央でナポレオンが掲げている冠(ラテン語でcorona)こそがコロナウイルスの語源で、その形態が王冠を連想させることから名付けられたそうです。新型コロナウイルスの感染拡大で一気にその名が知られるようになりました。

 我々ドクターヘリの基地病院でも、新型コロナウイルスの感染が疑われる呼吸困難の患者さんを診察した場合、ヘリに乗せて病院へ搬送していいのか議論になりました。狭い機内では乗員の感染リスクが高くなるからです。診療をする医師や看護師が感染リスクを負うことは覚悟の上ですが、ヘリコプターの機長や整備士にまでリスクを負わせることはできません。

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文901文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集