メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女の気持ち

松ちゃん さいたま市南区・磯睦子(主婦・77歳)

 毎年10月10日に故郷で行われる同期会の記念写真で、友はいつも最前列の真ん中に座っていた。独身の友は70歳を過ぎたころ、ホームに入居した。老後について話していたとき、ふいに「ムッちゃんは何歳まで生きたい?」と聞いてきた。「80歳」と答えた私に「たったそれだけ?」とあきれたように言い放った。その友が今、介助なしでは生活できないようになっている。

 友は昨年の喜寿の祝いの会に参加できなかったため、翌日に訪問する予定だったが、台風で中止せざるを得なかった。電話で謝ったら「私は自分では行けないから、あなたが会いにきてね。でも、そんなに長くは待てないよ」と、健康面の不安をのぞかせながらも元気に話してくれた。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文558文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです