メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビー TL薬物検査、陽性反応なし 受検率78%

 日本ラグビー協会は1日、トップリーグ(TL)の全選手を対象とした薬物検査の結果を公表した。陽性反応を示した選手はいなかった。TLの一部選手が違法薬物使用などの容疑で逮捕されたことを受け、全16チームの選手計884人のうち、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて帰国した外国人選手らを除く692人(受検率78%)に実施した。

 日本協会によると、検査は3月26日に各チームが所属選手を集合させ、抜き打ちで行った。協会職員や弁護士らの立ち会いの下、唾液を採取した。帰国や体調不良などで受検していない192人は、今後検査を受けない限り公式戦に出場できない。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文497文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです