メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、各部会や派閥会合の開催取りやめ 「国会自体が“3密”」と批判も

部会などの開催が中止となり閑散とした自民党本部1階=2020年4月1日午後5時ごろ、遠藤修平撮影

 自民党は2日から、政務調査会の下にある各種部会など会議の開催を原則取りやめ、各派閥の定例会合も中止した。新型コロナウイルスの感染者を出さないよう、3密(密閉、密集、密接)を避ける配慮をした。集会の自粛が広がる中でも政治活動や国会を継続しようと、模索が続いている。

 自民党本部1階ではこの日、会議日程の電光掲示板が「本日予定の会議はすべて終了しました」と映し続け、人の出入りもまばらだった。党本部では通常、1日数~十数件の部会などを省庁幹部らを呼んで開き、議員の意見や要望を政策に反映させてきた。しかし一部の部会はいすが足りなくなるほど人が…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文675文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 草彅剛さん、来年のNHK大河ドラマで徳川慶喜役「僕の人生にも大きな役」

  2. 結核集団感染、東大阪で発生 市が発表 /大阪

  3. 東京都、新たな感染者243人 過去最多を更新 新型コロナ

  4. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  5. 女子生徒にわいせつ行為、トイレに落書き「すけべやろう」 教諭ら懲戒処分 千葉県教委

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです