メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新種の深海生物からマイクロプラスチック 太平洋マリアナ海溝 英大「汚染広がり示す」

新種のオキソコエビの体内から見つかった長さ約0・65ミリの繊維状マイクロプラスチック=英ニューカッスル大提供

 太平洋のマリアナ海溝の水深6000メートルを超える深海で見つかった新種の甲殻類の体内に、プラスチックの微粒子「マイクロプラスチック」が含まれていたと英ニューカッスル大の研究グループが明らかにした。「海のマイクロプラスチック汚染の広がりを示す調査結果だ」と指摘している。

 オキソコエビと呼ばれる深海生物の一種で、半球形の体とひげ、とがったしっぽなどが特徴。グループは、プラスチックにちなんだ「エウリセネス・プラスティクス」との学名を付け「汚染をなくすために早急な行動が…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文586文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  3. 政権批判の「料理動画」なぜ人気 声高主張より「蒸し鶏」で 「クッキング議員」に聞く

  4. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  5. 韓国、コロナ抗体ほぼ確認できず 3055人検査 集団免疫「不可能」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです