メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン大統領 コロナ移動制限に抵抗なら射殺も マニラで都市封鎖

フィリピンのドゥテルテ大統領=滝川大貴撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大により「都市封鎖」しているフィリピンのドゥテルテ大統領は1日夜、国民に向けてテレビ演説を行い、移動制限など政府の政策に抗議した場合、射殺を含めた強硬措置をとる意向を表明した。

 フィリピンの感染者は1日時点で2311人、死者は96人。1週間前の3月25日時点から感染者は4倍近く、死者も2倍以上に急増している。ドゥテルテ氏は「状況は悪化しており、深刻に受け止めなければいけない」との現状認識を示したうえで、「警…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  2. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  3. 拉致問題進展なく 安倍首相「断腸の思い、申し訳ない」 横田滋さん死去

  4. ノーベル賞・本庶氏が小野薬品提訴を表明 オプジーボ特許使用料226億円求め

  5. 北九州の新型コロナ新たに5人感染 14日連続で累計135人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです