広島・安芸太田町長「河井前法相から現金20万円」認める 公選法違反事件巡り

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
報道陣の取材に応じる広島県安芸太田町の小坂真治町長=同町で2020年4月2日午前9時24分、池田一生撮影
報道陣の取材に応じる広島県安芸太田町の小坂真治町長=同町で2020年4月2日午前9時24分、池田一生撮影

 自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=の妻で同党の河井案里参院議員(46)=広島選挙区=が初当選した2019年7月の参院選を巡り、広島県安芸太田町の小坂真治町長(71)は2日、克行氏から参院選公示前に現金20万円を受け取ったことを明らかにした。町内で報道陣の取材に応じた。

 河井夫妻を巡っては、県内の複数の県議らに現金を渡していたことが発覚。広島地検は資金提供が票の取りまとめを依頼する目的だったかどうか関係者から任意聴取を進めているとされるが、小坂町長は聴取の有無を明かさなかった。

 小坂町長によると、案里氏が党公認を得た直後の19年4月ごろ、克行氏が自宅を訪問。「参院選で保守票を分ければ(自民の)2人が通る」などと話し、白い封筒をテーブルに置いた。現金の可能性があると考えた小坂町長は受領を拒んだが、押し問答の末に受け取り自宅で保管した。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文641文字)

あわせて読みたい