志村けんさん追悼番組、全国で4000万人が視聴

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
志村けんさん=東京都千代田区で2010年4月27日午後、尾籠章裕撮影
志村けんさん=東京都千代田区で2010年4月27日午後、尾籠章裕撮影

 新型コロナウイルスによる肺炎のため、3月29日に死去したコメディアンの志村けんさんをしのび、1日に放送されたフジテレビ系「志村けんさん追悼特別番組 46年間笑いをありがとう」(午後7時)の平均世帯視聴率が関東地区で21・9%の高視聴率だったことが分かった。個人視聴率は関東で14・8%。全国で推計4072・6万人が番組を見て、希代のコメディアンの在りし日の姿に笑い、泣いていた。(数字はいずれもビデオリサーチ調べ)

 3月30日から、全国的に新しい視聴率調査が始まり、従来の世帯視聴率に加え、個人単位でどの程度見たかを示す個人視聴率なども調べている。全国的に見た人数の推計値もわかるようになった。

この記事は有料記事です。

残り372文字(全文670文字)

あわせて読みたい

ニュース特集