無免許運転で京セラ美術館職員を懲戒免職 リニューアルで残業続き「睡眠時間作るため」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都市京セラ美術館=京都市左京区で2019年11月15日、幾島健太郎撮影
京都市京セラ美術館=京都市左京区で2019年11月15日、幾島健太郎撮影

 免許停止中の1月に通勤で無免許運転して京都府警に逮捕されたなどとして、京都市は2日、市京セラ美術館の男性課長補佐(52)を懲戒免職処分とした。課長補佐は4月予定の同美術館のリニューアルオープンに向け、未明まで連日残業することになったといい「睡眠時間を作るために車で通勤した」と話しているという。市は勤務管理に問題が無かったか調べている。

 市によると、課長補佐は2019年12月に交通違反の累積で90日間の免停処分を受けたが、20年1月29日に同美術館から帰る際に車を運転。道路交通法違反(無免許運転など)の疑いで検挙された。直後の同31日にも車を運転し、府警に道交法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕された。

この記事は有料記事です。

残り211文字(全文516文字)

あわせて読みたい

注目の特集