特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

学校再開、分かれる判断 感染少ない地域は来週にも 都内ではGW明けまで休校

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、新学期の学校再開の時期が地域で分かれている。感染が広がっていない地域では多くの学校が6日の週に再開の見通しだが、感染確認が続く都市部は分散登校や休校延長などの措置をとる動きが相次いでいる。

 感染拡大警戒地域の東京都では、都教委が1日に、大型連休(GW)が終わる5月6日まで都立校の休校を決めた。これを受け、港区教委は今月6日に予定していた区立小中学校の新学期スタートを変更し都教委に合わせた。足立区教委は休校をさらに延ばし、5月11日に再開するが、「慣らし期間」が必要として前週の7、8日を「自由登校日」にする。

 世田谷区教委は4月7日以降小中学校で学年ごとに登校日や登校時間をずらす分散登校を実施し、5月7日から本格再開する。分散登校は「生活リズムや学習環境を整えるため」(担当者)で、感染防止対策を講じた上で給食も提供する。

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文867文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集