特集

読者の広場

「女の気持ち」「男の気持ち」「みんなの広場」「仲畑流・万能川柳」「人生相談」など、読者からの投書・声を集めました。

特集一覧

今週の気持ち

今週の気持ちは「家の中にも」

 「女・男の気持ち」(2020年3月26日~4月1日、東京・大阪・西部3本社版計21本)から選んだ「今週の気持ち」は、東京本社版4月1日掲載の投稿です。 

 ◆ ◆

家の中にも

 埼玉県戸田市・野本洋子さん(主婦・76歳)

 家にいることはストレスなのか、をテーマにした海原純子さんのコラム「新・心のサプリ」を読んで、我が意を得たりと思った。

 私はこれまで、独り身の気軽さから出歩くことが多く、留守がちだった。リズム体操や元気体操、卓球、歌の会、大正琴と手帳には予定がびっしり書き込まれていた。

 新型コロナウイルスの影響で、急にすべての活動が中止となり、ほとんど外出をしなくなった。しかし、不思議と家にいることがまったく苦にならないのだ。

 さっそく、普段は目をつぶっていた断捨離に取りかかった。1日に2時間くらい、と決めて衣類、アクセサリー、本、書類、靴と次々に処分していく。すこぶる気持ちがいい。

 その後はスクワット、ヨガ、海原さんと同じくタオル体操。以前、娘から譲り受けた固定式自転車こぎは、20分で汗をかく。時間をかけてゆっくりお茶を楽しむ。夕食後は本を読んだり、詩やエッセーを書いたりする。介護施設にいて今は面会謝絶の母に、せっせと絵手紙を描いてみる。耳は遠いけれど目はいいので、きっと喜んでくれるだろう。なんだかとても充実して、心が豊かになった気がする。

 海原さんがコラムでおっしゃる通り、家の中でしかできない楽しみは、かなりたくさんあると思う。この騒ぎが収まったら、また忙しい日常が戻ってくる。今、このときを大切に過ごすことにしよう。

 ◆ ◆

<担当記者より>

 心療内科医、海原純子さんのコラム「新・心のサプリ」は、毎日新聞の別刷り「日曜くらぶ」に掲載されています。新型コロナウイルス感染拡大への不安が大きくなる中、出歩かず家に閉じこもることをマイナスだと思わずに、楽しもうとする野本さんの投稿に元気をもらいました。自分がうつらない、他人にうつさない努力を、明るく前向きにしていきたいですね。みなさんからのコメントもお待ちしています。コメントはこちらから。

普段思っていることを書いてみませんか

夫、子どもや親への思い、仕事や日常の中での出来事や出会いなどを受付中です。

「女の気持ち」に投稿する

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集