特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 公立図書館、対応割れる 臨時休館/閲覧コーナー制限

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新聞掛けが設置してあった場所に「閲覧休止」の張り紙がある宮前図書館=川崎市で2020年3月21日、伊澤拓也撮影
新聞掛けが設置してあった場所に「閲覧休止」の張り紙がある宮前図書館=川崎市で2020年3月21日、伊澤拓也撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大で、公立図書館の対応が分かれている。不特定多数の人が訪れるため、臨時休館に踏み切った施設もあるが、来館者が長時間滞在しやすいとして新聞閲覧などを制限した上で開館している施設もある。新聞を情報源とする高齢者の利用も多いが、図書館も非常措置を取らざるを得ない状況だ。

 全国約5200の図書館や館員が加盟する公益社団法人・日本図書館協会(東京都中央区)は安倍晋三首相が小中高の一斉休校を要請した翌日の2月28日、休校中の児童・生徒が図書館を訪れる可能性が高いとして、各施設に対して地域の感染状況に即した対応を求めた。開館を続ける場合も来館者と職員双方の入館時の手洗いや消毒、マスク着用を促すよう呼びかけた。

 これを受けた公立図書館の対応は分かれている。2月に緊急事態宣言を出した北海道では、3月22日時点で道内179市町村のうち86市町村の公立図書館が臨時休館し、それを上回る残る93市町村で一部のサービスを制限するなどして開館していた。4月1日、休館していた図書館の多くが再開したが、図書の貸し出しと返却は可能としながら本や新聞がある閲覧コーナーを利用できなくしたり、通常のサービスに戻したりと対応はまち…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文843文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集