メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞台をゆく

広辞苑 新村出が編んだ「辞書界の雄」 新村の孫で新村出記念財団嘱託・新村恭さん(73)

新村恭さん=京都市北区の重山文庫で2020年3月、水上由布撮影

 現在「重山文庫」として公開している祖父の旧宅は、祖父の父と親しかった木戸孝允の家を移築したもの。勝海舟の扁額(へんがく)、大ファンだった女優、高峰秀子から祖父がもらった帽子など、辞書編さんの場というだけでなく、さまざまな楽しみ方をしてもらえる場所です。

 近くに墓があったことで祖父は紫式部に関心を持ち、友人の弟子、角田文衛…

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです