特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

新型コロナ 「軽症」施設に交付金 医療パンク予防 政府検討

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルス感染症の急速な患者増加による医療機関のパンクに備え、政府は軽症・無症状の感染者を医療機関から移す施設の整備、運営費用を支援する交付金事業を検討している。2日判明した、来週とりまとめられる、経済対策のための2020年度補正予算案の原案に盛り込まれた。人工心肺装置を使える人材の養成や重症者対策も拡充する。

 新型コロナは感染者の8割が軽症で、政府は感染拡大を防ぐために無症状でも原則全員入院させているが感染者が増えた場合、軽症・無症状なら自宅や施設での療養に切り替える方針。補正予算案原案では、政府は医療体制整備のため「新型コロナウイルス感染症緊急対策費(仮称)」を新設。病院以外で軽症者らが療養できる施設を確保し、整備や運営の費用をまかなう。感染した医師の代わりに診察する医師を派遣する。

この記事は有料記事です。

残り80文字(全文433文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集