連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

コロナショック、第2波に備えよ=経営共創基盤CEO・冨山和彦

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスによるパンデミック(世界的大流行)はさらに拡大し、日本を含む多くの国々で外出制限的な措置が取られ、観光、飲食、娯楽、小売業などのローカルなサービス業の売り上げが激減している。企業にとって売り上げは最大のキャッシュ源であり、これがなくなれば直ちに存続の危機を招く。ここは緊急融資や雇用調整助成金などあらゆる手を駆使してしのぐことが肝要となる。

 その一方で、グローバル大企業においては、まずは中国の生産が止まったことによるサプライチェーン(部品供給網)ショックが起きているが、今の状況が続くと消費が止まることによる需要サイドショックの大波が、大手エアラインや、自動車や電機などの耐久消費財メーカー、その関連サプライヤー(部品メーカーや設備投資関連メーカー)を襲う。リーマン・ショックの時は、同じパターンでグローバル大企業が打撃を受け、わが国では…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文708文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集