メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小池知事、国に緊急事態宣言促す 発令時の対応方針も説明

小池百合子都知事

 東京都は3日、都内で新型コロナウイルスの感染者が新たに89人確認されたと発表した。1日あたりの感染者数としては2日(97人)に次いで多かった。小池百合子都知事は3日の定例記者会見で、改正新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく緊急事態宣言について「国が乗り出すことが大きなメッセージになる」と政府に発令を促した。

 小池知事は発令時の都の対応方針も説明。外出自粛やイベント主催者への施設使用の制限を求める一方、食料・医薬品の販売や金融機関のような生活維持に必要なサービスは営業停止を求めない考えを示した。度々言及している「ロックダウン(都市封鎖)」については「日本においては特措法でも、お願いをするというベースだ。交通機関が止まることもない」と説明しつつ、感染拡大が続く「重大局面だ」として今週末も引き続き外出自粛…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです