メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界に広がる雇用不安 出口見えぬコロナショック さらに悪化の恐れも

新型コロナウイルス感染予防措置として米東部メリーランド州全域の飲食店の食事スペースは3月16日から閉鎖されている=4月2日、中井正裕撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、雇用不安が世界で広がっている。欧米では雇用関連の統計が急激に悪化し、日本でも派遣社員らが契約を切られる動きが出ている。新型コロナの収束に時間がかかれば、情勢はさらに悪化する恐れがある。

 米首都ワシントン近郊のメリーランド州でダイニングパブを経営するマット・アールさん(48)は3月16日、ホーガン州知事が州全域の飲食店や娯楽施設の営業禁止を命じたとの報道をみて「ついに来たか」と息をのんだ。

 アールさんは約200席の飲食スペースを閉めざるを得ず、系列店を含め計75人の従業員を一斉に一時解雇(レイオフ)した。1人残った従業員と持ち帰りや宅配サービスを続けるが、3月30日には外出禁止令が出て周辺の人通りも途絶えた。アールさんは「営業禁止解除は早くても4月末。ウイルス次第なので誰も分からない」と肩を落とす。

この記事は有料記事です。

残り2077文字(全文2449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです