メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

売り上げ9割減の店舗も 外食産業相次ぎ休業 カラオケ、パチンコ、百貨店も 新型コロナ

臨時休業している塚田農場。休業を知らせる紙を見る人の姿もあった=東京都港区で3日午後5時37分、松岡大地撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、週末などの臨時休業を決める外食産業や娯楽施設が増えている。感染収束の見通しが立たず、今後も営業を一時取りやめる動きが広がりそうだ。

 外食産業では、今週末から臨時休業する飲食チェーンが相次いでいる。串カツ田中ホールディングス(HD)は、全国の直営116店を4日から12日まで休業することを決めた。担当者は「今後、ロックダウン(都市封鎖)が起きる可能性もあり、客や従業員の安全を確保する社会的責任を考えて決断した」という。焼き鳥チェーンの「鳥貴族」も同じ期間、直営394店をすべて休業する。

 居酒屋「塚田農場」などを展開するエー・ピーカンパニーは2日から全国約180店を一斉休業しており、関東地区は21日、大阪府や愛知県などは15日に再開する予定。小池百合子東京都知事らが外出自粛を要請して以降、客足が徐々に減少。東京都心部では1日の売り上げが9割減った店もあり、担当者は「人件費もかかるので休むことにした。解雇は考えておらず、政府の雇用調整助成金を活用したい」と語る。

この記事は有料記事です。

残り593文字(全文1045文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 小池都知事「不要不急の他県への移動は控えて」 3日連続で感染者100人超

  4. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです