メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、銃購入増加か 身元照会過去最多 新型コロナで治安悪化不安視か

銃販売店前で列を作り入店を待つ人々=米西部カリフォルニア州ロサンゼルス近郊で2020年3月16日、福永方人撮影

 米連邦捜査局(FBI)によると、米国内で3月、銃の購入時などに実施される身元照会件数が374万件に達した。公表を始めた1998年11月以降では最多。新型コロナウイルスの感染拡大が、治安悪化につながることを不安視し、銃で自衛しようとする市民が増えているとみられる。

 身元照会は、銃の販売者が購入者に犯罪歴があるかなどを…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文399文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです