メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在外日本人 1000人帰国めど立たず 外務省が支援検討

検疫検査場の入国者専用ブースで、感染国・地域の滞在歴や体調不良の有無を聞き取る検疫官=関西国際空港で2020年2月2日、鶴見泰寿撮影

 茂木敏充外相は3日の衆院外務委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大による国境封鎖などで帰国を希望しながら帰国できていない邦人の数が約50カ国で四千数百人に上ると明かした。このうち南アフリカやペルーなどで1000人程度の帰国のめどが立っておらず、外務省が帰国支援策を検討している。

 帰国できていない邦人のうち、約1000…

この記事は有料記事です。

残り162文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです