メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英で医師らの検査進まず 「集団免疫」戦略でキット不足 国民から批判

防護服を着て患者の受け入れに当たる病院の医療スタッフ=ロンドンで2020年3月31日、ロイター

 新型コロナウイルスの感染者・死者数が急増する英国で、医療現場で働く医師や看護師らが感染しているかどうかを確認する検査が遅れていることに批判が高まっている。英メディアによると、現場で対応に追われているはずの医師の4分の1が「自分もしくは家族に症状がある」との理由で「自主隔離」をしているという。

 英国では、感染対策に当たる「国民医療サービス」(NHS)の医師や看護師らが約50万人いるが、政府は1日、このうち約2000人しか感染検査ができていないと認めた。隔離中の医師らを検査し、陰性とわかれば、医療現場に復帰させることができるが、検査が進まないため、一定人数の復帰が滞っているとみられる。ドレル元保健相は英紙デーリー・テレグラフに「健康な医療スタッフが自宅にいて、職場復帰させられないのはばかげている」と批判した。

 背景にあるのは、検査できる件数そのものの少なさだ。英BBCなどによると、英国で検査可能な件数は1日当たり約1万3000件。1日当たり5万~7万件の検査を実施しているとみられるドイツと比べると見劣りする。調達した検査キットや対応できる施設の少なさが理由に挙げられている。

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1147文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  3. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです