メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

運転手の感染が判明し、北鉄金沢バスの停留所には運休を知らせる紙が張り出された=金沢市木ノ新保町の金沢駅前で2020年4月3日午前7時53分、林哲平撮影

 北陸鉄道(金沢市)は2日深夜、グループ会社「北鉄金沢バス」の野々市営業所(石川県野々市市)に勤務する50代の男性運転手が新型コロナウイルスに感染したと発表した。

 北鉄金沢バスは2日夜から野々市営業所に所属する路線バス53台と営業所社屋の消毒を開始。この影響で同営業所が野々市市や金沢市などで運行する15路線403便のバスすべてを3日朝から全日運休した。

 県の2日の発表によると、運転手は3月27日に体調不良を訴えて早退し、医療機関を受診。2日に医療機関を再び受診したところ、肺炎と診断されて入院し、検査で陽性と判明した。

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  3. ながら運転厳罰化1年 「スマホ触らないで」 名神の追突死亡事故、遺族訴え

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 社説 森友問題への政府対応 歯止めかからぬ国会軽視

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです