特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
望月新一教授の論文=大阪市北区で2020年4月2日、猪飼健史撮影
望月新一教授の論文=大阪市北区で2020年4月2日、猪飼健史撮影

 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明したとする望月新一・京都大数理解析研究所教授(51)の論文が、同所が編集する数学専門誌に掲載されることが決まった。3日、京大が発表した。ABC予想は、素因数分解と足し算・かけ算との関係性を示す命題のこと。4編計646ページからなる論文は、斬新さと難解さから査読(論文の内容チェック)に8年かかったが、その正しさが認められることになった。有名な数学の難問「フェルマーの最終定理」(1995年解決)や「ポアンカレ予想」(2006年解決)の証明などと並ぶ快挙となる。【阿部周一、松本光樹】

 望月教授は2012年8月、構想から10年以上かけた「宇宙際タイヒミューラー(IUT)理論」の論文4編を、インターネット上で公開した。これを用いればABC予想など複数の難問が証明できると主張し、大きな注目を集めたが、既存の数学が存立する枠組み(宇宙)を複数考えるという構想はあまりに斬新で、「未来から来た論文」とも称された。加えて、1000ページを超える望月教授の過去の論文に精通しないとIUT論文を…

この記事は有料記事です。

残り1165文字(全文1629文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集