メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナで国際線8割減のいま…羽田新ルート始まる 住民は騒音、落下物を懸念

 東京都心の上空を通過する羽田空港の新しい飛行ルートの運用が3日、始まった。東京オリンピックを見据えた国際線の増便が目的だが、新型コロナウイルスの感染拡大で羽田の国際線は8割も減っている。騒音や落下物を懸念する住民が「現時点で新ルートをやる必要はない」と見合わせを求める中、国土交通省は運用開始に踏み切った。

 この日午後3時15分ごろから同5時55分ごろまで、新ルートを68の航空機が飛んだ。今後も騒音を考慮し、午後3~7時に限定する。

この記事は有料記事です。

残り677文字(全文895文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです