メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストレス配慮し早期に 感染拡大恐れ延長 学校再開、割れる判断

学校再開を巡る近畿2府4県と政令市・県庁所在市の対応

 新型コロナウイルス感染拡大を受けた休校措置について、京都府・京都市と兵庫県は3日、来週中に解除して授業を再開することを決めた。一方、大阪市は19日まで、堺市は5月6日まで、それぞれ休校の延長を決定。同日までの延長を2日に決めた大阪府も含め、対応は分かれた。

 京都府教委は3日、府立学校を予定通り8日から順次再開すると決めた。京都市教委も3日、市立学校・幼稚園を同様に6日以降再開すると発表。ただ、京都産業大(同市北区)の学生らを中心にクラスター(感染者集団)が発生するなど、府内の感染確認が100人を超える中、保護者からは不安の声も上がる。

 3日に記者会見した西脇隆俊知事は、長期の休校で子供のストレスや家庭の負担が重くなっていることなどを挙げ、「地域全体に活動自粛を求める状況ではない。難しい苦渋の決断だった」と説明。ただ、今後の感染状況次第で再び休校する可能性はあるとした。

この記事は有料記事です。

残り1094文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 絶滅していなかった? ニホンカモシカ、愛媛で50年ぶり確認

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  4. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  5. 「スーパーフレア」の観測に成功 大規模な恒星表面の爆発現象 京大など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです