メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「人員や設備面で限界」関空検疫がパンク寸前 PCR検査増加で

韓国からの便で到着し、入国に必要な書類を検疫官に提出する人たち=関西国際空港で2020年3月9日午前8時36分、望月亮一撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、全ての帰国者と入国者に対する2週間の待機と公共交通機関の自粛を要請する運用が3日から始まった。入国拒否の対象国も計73カ国・地域になり、対象国から帰国する日本人へのPCR検査(遺伝子検査)など検疫業務が増加。関西国際空港では、検疫所担当者が「検査結果が出るまで時間がかかる。関空の検疫所だけでは人員や設備面で限界だ」と対応に苦慮している。

 厚生労働省関西空港検疫所では約10人が交代で検査に臨んでいる。欧州からの帰国便など、対象者は多い日で1日約300人。神戸検疫所や民間の検査機関にも検体を運び、グループごとに時間を置いて飛行機から降りてもらう対応も取っている。ただ、結果判明までは最短で6時間かかり、神戸や民間で検査すると、朝に到着した帰国者が翌日夕方まで待たされるケースもあるという。国際線の便数は平常時の5%程度に激減しているが、…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文806文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 東京・板橋で女性刺され死亡、殺人事件で捜査 同居の30代夫と連絡取れず

  4. 結核7人集団感染 1人死亡、6人は家族や関係者 北九州市

  5. 河井夫妻の保釈請求を却下 東京地裁決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです