メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

情熱大陸

レスリング日本代表/川井梨紗子 女子レスリング界の“新時代のエース”に密着

「情熱大陸」に登場する川井梨紗子=MBS提供

[PR]

 “あの伊調馨が17年ぶりに負けた日本人”と聞けば川井梨紗子の名を思い出す人は多いかもしれない。その川井がドキュメンタリー番組「情熱大陸」(MBS製作著作/TBS系全国ネット、4月5日午後11時~)に登場する。

 2年前、オリンピック5連覇を期待されていた王者が代表選考で敗れたのは大きな事件として報じられた。

 川井がレスリングを始めた10歳のころ、伊調そして吉田沙保里はすでに憧れのオリンピックチャンピオンだった。ずっと目標にしてきた大学の先輩・伊調に同じ階級で挑み、熾烈な代表争いの末に掴んだ東京オリンピックの切符。現在世界選手権を3連覇し、女子レスリングの “新時代”を託されたエースは当然のように金メダルを期待されている。そして彼女の背中を追って急成長中の妹・友香子も、今回 初の日本代表に。「姉妹で金」という偉業を夢に、日々2人で汗を流している。

 彼女に初めて出会ったのは去年12月。若い後輩たちの中でも突出してストイックな練習の毎日、そしてオリンピックの前哨戦として姉妹で挑んだインド・アジア選手権への遠征…東京オリンピックという夢の舞台に懸けるひたむきな姿をカメラは追っていた。

しかし、取材を始めた頃には想像すらしなかった“大会延期”の決断。

「東京オリンピックはアスリート人生の全て」

そう語る彼女が今、抱く想いとは―。

<プロフィル>川井梨紗子(かわい・りさこ) 1994年生まれ、石川県津幡町出身。女子レスリング57キロ級東京オリンピック代表。妹は女子レスリング62キロ級東京オリンピック代表の川井友香子。2004年、10歳の時にレスリング教室を開いていた両親の影響でレスリングを始める。アテネオリンピックで吉田、伊調の金メダルを見てオリンピックを志す。2013年、吉田、伊調らが在籍した至学館高校に進学。2016年、リオデジャネイロオリンピック63キロ級金メダル。2017~2019年、世界選手権優勝。倖田來未の大ファン。最近ハマっているのはもんじゃ焼き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  5. コロナで休業、補償なし ヤマハ英語教室講師の1200人 給与所得者を個人事業主扱い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです